主要成分のご紹介

EGF

EGFとは人間が元々持っている「上皮細胞増殖因子」というアミノ酸の1種でアメリカの学者・スタンレーコーエンによって発見されました。


肌の生まれ変わりを早くするという特徴から火傷の治療を目的として研究が進み、1986年にはノーベル賞を受賞しています。


当初は1g、約8,000万円で取引されていましたが、近年コストダウンが実現し化粧品に配合することが可能になりました。


老化、乾燥した細胞はEGFによってどんどん代謝を促されることにより、赤ちゃんのようにみずみずしく潤いのある肌に近づいていきます。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)



フラーレン

フラーレンとは、ビタミンCの125倍もの抗酸化作用、プラセンタの800倍もの強力なコラーゲン生成促進作用、高い保湿力 などで知られていますが、紫外線の無害化、美白作用、ニキビ抑制などさまざまな特徴を持つことから、非常に高価な原料でありながら近年化粧品配合成分として高い注目を集めています。


本来人間の体には自衛機能が備わっており、発生した過剰活性酸素にラジカルに対応する抗酸化物質を生産しています。しかしながら加齢、紫外線、ストレス、喫煙、メイクアップ等により、完全に遮断するのは難しく、細胞の一部の酸化が連鎖反応で広がりやがて細胞全体にダメージを与え、シミ、シワ、たるみにつながっていきます。


フラーレンはその原因となるラジカル活性酸素を消去、無害化する代表的な成分。このフラーレンを1%以上高配合したハーヴリック化粧品は、使い続けるたびに効果を実感できるすぐれものです。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)

コラーゲン

通常、コラーゲンは高分子(※)で、お肌に吸収されることはありません。しかし、ハーヴリック化粧品に使われているコラーゲンは様々な大きさに加工され、角質層のあらゆる部分にじっくりと浸透します。


こうしてコラーゲンで満たされたお肌はうるおいとハリのある状態になり、若々しさを取り戻すことが出来るのです。


(※) 高分子は分子が大きく、低分子は分子が小さいことを表します。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)

ローマカミツレエキス

香りはキク科植物「ローマカミツレ」の花から抽出したエキスです。消炎効果に非常に優れ、肌荒れ防止、抗菌作用があります。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)

アナツバメ巣エキス

今大注目の成分です!
アナツバメ巣エキスは肌の生まれ変わりを助けるEGFやFGFに似た効果がります。

お肌を若々しくしたい方には、とてもおすすめな成分で、さらにこのアナツバメ巣エキスに豊富に含まれたシアル酸の効果で、数えればきりがないほどの美容効果あり、特に保水力や栄養の司令塔のような効果が注目されています。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)

プラセンタ

美容業界で大人気の美容成分です!
プラセンタとは、胎盤エキスのことです。
アミノ酸が豊富に含まれていて乾燥にはとてもおすすめな成分です。
抗チロシナーゼ効果が抜群で美白効果が高いのでも有名です。

【配合商品】 (商品名をクリックすると商品情報へ移動します)

お問い合せ